プリントTシャツを作成することは一体感を築くきっかけになる

サイトマップ

オリジナルTシャツ

仕事仲間でプリントTシャツを作った話

家族

仕事のイベントで仕事仲間で使うようにプリントTシャツを作りました。絵はみんなでデザインを考えました。夏のイベント用で、色は黒のTシャツに花火絵をあしらったデザインになりました。絵心のあるメンバーで下書きを書いて、試行錯誤しながら下男を完成させました。最終的にサンプルTシャツに絵を書いて店に送ってみました。どんなのがくるかわくわくしていましたが、出来上がったTシャツは、ちょい微妙な感じになりました。
色が黒だったということで重たい感じなったことと色刺繍の色とかいていた色との違いや意外と花火が地味で少し微妙な感じになったことが原因だったと思います。やっぱりオリジナルで柄を作るのは難しいなあと思いました。それでも自分たちで作ったTシャツということで団結に役立ったと思います。イベントでは、自分たちで作ったTシャツを着たことで盛り上がりました。この作ったプリントTシャツは、仕事場の倉庫に置いてあります。
毎年、夏のイベント時に使うようにしています。この経験で思った事は、Tシャツのデザインを考える時は下地の色は結構重要であるということです。どちらかといえば軽い色を選ぶ方がおしゃれな感じになると思います。また、こういう団結をのために作る場合は恰好をかまうよりも思い切って思い入れをあるものを取り入れた方が良かったと思いました。以上のことを、プリントTシャツを作る時は参考にしたらよいと思います。

双子の可愛いプリントTシャツ

私の友達が双子の4歳の娘達ににオリジナルのプリントTシャツを着せていました。以前双子の娘達に同じデザインの服を色違いで着せたくても、2人ともピンクが大好きなのでそれができないと友達が嘆いていたことがあります。2人が着ていたプリントTシャツはどちらもピンクで、可愛らしい花の絵の書かれたものでしたが、2人ともとても嬉しそうでずっと私に自慢して来ます。またそのTシャツには2人のイニシャルがそれぞれ入っていて、ありがたいことに双子の名前を間違えることがありません。
名前が直接入っていると、みんなにわかってしまって今のご時世では少し注意が必要かもしれませんが、イニシャルだとただのデザインに見えるので特に違和感も危険はありませんよね。私は2人が産まれてからずっとこの子達を知っていますが、未だに時々見分けがつかず名前を間違えてしまうことがありました。でもこのプリントTシャツを着てくれているとイニシャルで確認できるので、安心して名前を呼ぶことができます。
そして2人もこのTシャツを着ているとみんなが名前を間違えないとわかっているようで、「これがわたしの目じるし」と言って喜んでいました。可愛らしい花の絵はお母さんが描いたもので、母の愛情を感じます。自分でデザインするのが苦手な人には、イメージや入れたい文字などを伝えると、用意してくれるお店もあるようなので、色んな場面で活用できるのではないでしょうか。

プリントTシャツでつながる愛

世界へ何等かのメッセージを伝えたい場合は、人々の心に訴えかける行動が不可欠です。オリジナルのプリントTシャツを作成することは、一体感を築く結果を生むので、限られた予算であっても用意することが大事です。オリジナルであるデザインを用いれば、新たな文化を発信させる原動力につながり、結束を深めた取り組みに結びつきます。
また誰もが購入できる金額にすることが可能なプリントTシャツを採用すれば、自然と仲間を増やしていくことが叶います。男女共通のファッションとしてもTシャツは重宝し、半袖および長袖両方が選べます。季節ごとに制作する枚数を決めるところがあるため、団体の責任者の意向を反映させる方針が重要です。ペアで着用することで、愛情が芽生える可能性が生じ、プリントTシャツが持つ意味合いが人間の奥深くまで浸透する結果となります。
時代を先取りするデザインを希望するならば、有名なデザイナーとコラボする必要が出てきます。チャリティの一環として販売するケースも見られ、きちんとした方針を明記することが大事です。必要な事柄をかたちにすることで、Tシャツを通じて想いを伝える方法が確立されます。ゆえに、若者たちの動きを適宜確認することが大事です。

TOPへ